社団法人長崎県栄養士会 TEL:095-822-0932

県民の皆様へ

管理栄養士・栄養士の皆様へ

賛助会員のコーナー

CSS Drop Down Menu by PureCSSMenu.com
リンク集

郷土料理  ~郷土料理の良さを見直そう~

ずんこの混ぜご飯 (上五島)

ずんこは、マルソウダというカツオの仲間の魚で、たくさん獲れた時におすそ分けでいただいていたものです。下処理を十分行って使うことがおいしさにつながります。

■材料(米1升分)

材料 分量
1升
ずんこ(マルソウダ) 1匹
高野豆腐 1個
干し椎茸 4枚
切干大根 50g
ごぼう 1/2本
人参 1/2本
たけのこ 100g
いんげん 適量
きくらげ 適量
砂糖 50g
薄口醤油 90g
小さじ1/4
50g

■作り方

  1. 魚は3枚におろし、40分以上時間をかけてゆでる。血合い等をきれいに取り除き、焼いて身をほぐす。
  2. 切り干し大根、高野豆腐は戻して食べやすい大きさに切り、干し椎茸、きくらげは戻してせん切りにする。
  3. ごぼうはささがきにし、酢水につけてアク抜きする。人参はそぎ切り、いんげんは塩ゆでして斜めに切る。
  4. 人参、いんげん以外の材料を鍋にいれ、材料がひたひたになるぐらいのだし汁を加えて煮る。
  5. 材料がやわらかくなったら人参を加え、調味料で味付けして煮込む。
  6. 炊きあがったご飯に具を混ぜて、器に盛り、いんげんを飾る。

■一人あたり(茶碗1杯分 180g程度)の栄養価

エネルギー 316kcal たんぱく質 11.9g
脂質 1.6g 塩分 0.9g

ページ先頭へ戻る

   
Copylight(C)2006 長崎県栄養士会 All Right Reserved.