社団法人長崎県栄養士会 TEL:095-822-0932

県民の皆様へ

管理栄養士・栄養士の皆様へ

賛助会員のコーナー

CSS Drop Down Menu by PureCSSMenu.com
リンク集

郷土料理  ~郷土料理の良さを見直そう~

おかめ寿司 (上五島)

お米が高く、なかなか手に入りにくかったときに、酢飯の代わりに少量のご飯におからを混ぜて作ったお寿司です。昔は形が大きく、その見た目がおかめさんに似ていたため「おかめ寿司」と呼ばれるようになったそうです。昔は日常的に作られていましたが、現在では伝統料理として作られることが多く、砂糖をたくさん使うところが特徴的。魚は時期に応じて変わりますが、さんま、鰺、鯖など青背の魚が多く使われます。
※写真は8人分以上あります。

■材料(8人分)

材料 分量
寿司
おから 500g
ご飯 300g
人参 50g
ねぎ 40g
砂糖 120g
薄口醤油 40g
30g
40g
サラダ油 大さじ2
少々
魚の酢漬け
小鰺 10匹
1/3カップ
重量の1%
(A)甘酢
180g
砂糖 150g

■作り方

  1. 魚の酢漬けを作る。小鰺を3枚におろして塩を振り、2~3時間おいておく。
  2. 水洗いして、さらに1/3カップの酢で洗った後、(A)の甘酢に半日から一晩漬け込む。
  3. お寿司を作る。鍋にサラダ油を入れ、みじん切りにした人参を炒める。
  4. 酒、砂糖、薄口醤油を入れる。
  5. 人参が煮えたら、小口切りにしたねぎ、おから、ご飯を加える。
  6. 全体に火が通ったら酢を回し入れ、塩で味を調える。
  7. 俵型に握って(1個約50g)、魚を巻きつけて完成。

■一人あたりの栄養価

エネルギー 372kcal たんぱく質 17.3g
脂質 7.6g 塩分 1.2g

ページ先頭へ戻る

   
Copylight(C)2006 長崎県栄養士会 All Right Reserved.